支出最適化

【家計簿作成が面倒な人必見】キャッシュフローを「電子化」させよう

こんにちは、レオです。

今日は、家計簿についてです。

FIREや経済的自立を達成するには勿論のこと、お金を貯めて資産家になるための第一歩として、家計の支出の把握は必須ですね。

お金を稼いでいても一向に貯まらない人の典型例が「自分がいくら使っているのか自分自身で把握できていない」方です。給料が上がったらその分だけ豪遊してしまっていては、永遠に生きていくために働き続けなければなりません。当然のことですね。

さて、そうは言っても、細かい支出の一つ一つを毎日記録するのは面倒臭いですよね。

人間ですから。誰でもできることならやりたくないのは正直なところでしょう。

そこで今回は、支出を極力「電子化」させ、毎月の収支の計算を全て自動で計算される仕組みを構築しよう、というお話です。

単に支出管理が楽になるだけでなく、金銭面でのメリットも大きいのでまだやっていない人は是非この機会に始めてみてくださいね!

家計簿アプリ マネーフォワードMeを使おう

家計簿アプリは数多く種類がありますが、無料のもので最も使われているのはこのMoneyforwardでしょう。レイアウトも見やすく、各種口座の連携も楽ですし、自信を持ってお勧めできるアプリです。

更にこのアプリの便利な点が、証券口座の資産も連携させる事ができる点。

株式資産は日によって資産額が変わるので本来証券口座にログインしなければ確認ができませんが、その手間も省けます。

一度Moneyforwardに連携さえ済ませてしまえばその後は何もする必要無いので、まだ利用していない方は集中して時間を作り全てささっと済ませてしまいましょう!

固定費をクレジットカードで支払おう

次のステップでは、moneyforwardに固定費の支出を連携できるようにしましょう。

<連携するべき固定費の例>

  • 家賃
  • 光熱費
  • 水道代
  • 携帯代 etc

固定費をクレジット払いにすれば、Moneyforwardの明細に内訳が載るようになります。更に、クレジットカード支払いの場合ポイントが付与されることも多いので、自動的にポイントが溜まっていきます。

毎月毎月のポイント付与数は大したものでなくとも、これが重なると大きな額になります。

大きなお金は、小さなお金の集合体です。

こうした部分の細かい努力の積み重ねで将来的に大きな差になって現れてきますので、妥協せずしっかりと行なっていきましょう。

外食や止むを得ない出費の際には、キャッシュレス還元を駆使!

さて、固定費の連携が終わったら、最後は変動費の管理です。

どうしても日々の生活で、出費をすることはありますよね。友人と外食に行ったり、外出時にどうしてもコンビニで何かを買う必要があったり。

そんな時は、現金支払いをするのではなく必ずキャッシュレス決済を使いましょう!!

キャッシュレス決済の例
  • PayPay
  • LINEPay
  • auPay
  • メルペイ
  • 楽天ペイ
みみ
みみ
このキャッシュレス決済5つは私たちが実際に使っているものです
れお
れお
「どれを使う」では無く、その時その時のキャンペーン状況を見て一番還元率が高いものを選ぶようにしよう!!

今は政府もキャッシュレス決済の普及に力を入れているので、よくお店でも「キャッシュレス5%還元」といった文字を見かけることも多いと思います。

その上で、例えば2月だと「牛丼チェーンでPayPayを使ったら40%バック」とか、aupayで買い物をすれば20%バックの日があったり、、など、今キャッシュレス決済市場は利用者側からしたらお祭り状態です。

メルペイ

使える施策があるのであれば、利用しない手はありません。

常に主要キャッシュレス決済の施策にはアンテナを張るようにしましょう!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事で書いた内容については、まだやっていない項目がある人は今すぐにでもやるべきだと思います。

キャッシュレス決済の還元キャンペーンもおそらく後半年もすれば落ち着くものと思います。お祭り状態が続くのも長くは無いと思いますので、被れる恩恵は被っていきましょう。

そうして浮いた分のお金を投資に回して、資産を形成していきましょう!

ではでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です