株式投資

【投資の基本】自分の投資方針を確立し他者の意見に揺さぶられるな

こんにちは、レオです。

投資を始める上で最も重要な基本は「自分の投資方針を確立すること」です。

今回の一連の暴落に関して、一喜一憂する事が多かった方は、自身の投資方針を振り返りポートフォリオを見直すべきかもしれません。

今回は、投資と感情、というテーマで思うところを書きたいと思います。

なぜ投資に感情を持ち込んではいけないのか

それは言うまでもなく、「あなたが冷静な判断が出来なくなる可能性が高まるから」に他なりません。

つい先日、twitterで

「暴落で含み損が◯百万円になってしまった、、これ以上の損失を被る訳にはいかないから売った方がいいか?」

といったツイートを目にしました。

「売った方がいいか」という問いに対して、一般的に当てはまる正解はありません。

なぜなら今後株価がどうなるか、保有し続けるべきなのか否かは専門家も含め誰にも分からないからです。

正解のない中で、頼れるのは他者ではなく自分自身のみ

そうなった時に、最後に自分を支えてくれるものはなんでしょうか?

それは「自分が納得した理論、自分自身が確立した投資方針」に他なりません。

私は、誰に何と言われようと自分の投資方針を変えるつもりは毛頭ありませんが、株式資産の運用額が大きい方でも「自分の投資方針は何?」と聞かれて明確に答えられない方は多いようです。

  • 毎日株価が気になって何度も確認してしまい他のことが手に付かない
  • SNSで有名発信者の意見に一喜一憂してしまう
  • 保有銘柄を売却するべきか否かわからずSNSで意見を求める

運用金額が大きくなればなるほど、一喜一憂してしまう気持ちはわかります。

ですが、運用金額が大きいのであれば尚更、株価の短期的な上下に動じないメンタル、そして「そもそも動じなくても良い仕組みづくり」をしなければなりません。

もし上記の悪い例に貴方が当てはまるようであれば、一度じっくりとご自身の投資方針について考える時間を設けてみましょう。

そうすることで、長期的な株式投資におけるリターンの最大化に寄与する可能性は非常に高いはずです。

SNSをみて思ったこと

今回、SNSを見て改めて感じたことは

他者の不安につけこんで不安を煽ったり、マウントを取ろうとしたりする人種は一定数いる

ということです。

もし貴方が確固たる軸を持って投資を行っていても、そういった声を見ると不安になるかもしれません。

ですが、結論そういう人達は全く相手にしなくていいです

なぜなら、どうせその人たちも株価の今後の推移など分かるはずもなく、ましてやあなたがどれだけの資金を保有していてどういう投資基準でその銘柄を保有しているのか?など全く知るはずが無いからです。

貴方自身がどうするべきかは、貴方が決めることです。自分が根拠を持って投資を行っているのであればそれを貫き通せばいいだけ。

もしどうしてもこういう暴落相場で他者の意見が気になってしまうようであれば、いっそのことアカウントを削除するのも一案かと思います。

 

れお
れお
あんなの見なくても大したことないですよw

それよりも、目先の株価に一喜一憂したりすることで貴方の貴重な人生の時間を奪われてしまうことの方がよっぽど不利益が大きいと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もし自分自身の投資方針が確立されていれば、今回のような状況でもSNSで感情的になったり不安になることは無いはずです。

特に、長期投資家のはずなのに、今回の下落で慌てて売ろうとしていた方。「長期投資家」という自身の投資方針をしっかりと理解ができていれば目先の株価に一喜一憂する必要も無いですよね。

他者の言動に惑わされなくていいのです。

個を強く持ち、自分をただ貫き通せばいいのです。

自分自身がどういう投資方針なのか?今一度自分自身に問いかけてみましょう。

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です