事業収入の最大化

【WordPress】ブログ初心者の私が苦戦したポイントと解決法

こんにちは、レオです。

今回は、今Wordpressでブログを書いている方、これからブログを始めてみたいと思っている方向けに、私が苦戦したポイントと、解決方法について書きたいと思います。

WordPressを選んだきっかけ

ブログを始めるにあたって、何で始めるべきかはとても悩みました。最初ははてなブログなどの無料ブログから始めるべきだ、という声も多くありますよね。

悩んで調べていた私が見つけて、強いインパクトを受けた内容があります。それがGoogleの検索エンジンの開発責任者の一人であるマット・カッツさんという方の話。

この方が、WordPress公式イベントの中の講演で「WordPressはSEOに関する問題を自動で解決しSEO手法の80%~90%を解決する」と明言しているのです。

実際に、私が普段よく見るブロガーさんの記事も、皆さんよく見てみたらWordPressで作られていることに気づきました。

Googleの検索エンジン開発に関わっている方がこうお話しされているのであれば、将来的に多くの方に読んでもらえるブログを目指すならWordPressを選ぶのが最適解だろう、と考えて本決断に至りました。

ちなみに、ブログを開設して1週間でGoogleAdsenseというグーグルの広告審査には合格し、2月の広告収入は1,500円ほどでした。

この金額をどう捉えられるかは人それぞれだとは思います。

まだWordPressの機能自体にも馴染んでおらず試行錯誤をしながら毎日記事を書いているような状態ではありますが、その中でもらえた金額としては想定よりも遥かに高い金額ではありました。

少なくとも半年間ほどは、PV数のような指標に一喜一憂せずに、一件一件の頂いたコメント、ご意見にしっかりと向き合っていきたいと考えています。

有料テーマは使うべき?

私はサーバーはエックスサーバー、テーマは有料の「JIN」というものにしました。テーマに関しては無料でどうとでもなるよ、という声もありますが、

  • 初心者ほど(内容が拙い分)レイアウトや体裁に関しては気をつかうべき
  • 有料テーマを使えば見かけ上の体裁を整えるだけなら簡単にできる
  • レイアウトだけでも見栄えが良ければ、書き終えた後に見返して気持ちがよく、毎日継続していく上でモチベーションアップになる

上記の点から、テーマに関してもJINを選びました。

その上で、ネット上ではWordPressやJINを使いこなすのは「超簡単」と言われており実際自分で使っているときにも最初は「簡単にできるじゃん!」と思っておりましたが、使っていく上でわからなくなり解決まで時間を要した点がいくつかありました。

以下では、今後私のようにWordPressでブログを書き始めた人に少しでも参考になればと思い苦労した点について書きます。

苦戦したポイント3選

エディターをGutenbergで使うか旧エディターに戻すか

まず最初につまづいたのがこのポイントでした。

WordPressの新エディターとして2018年末から導入された「Gutenberg」というものがあり、新しくWordPressを始めた私はもちろんこのGutenbergがインストールされた状態なのですが、

このGutenbergがネットの評判がかなり悪いようでw

気になった方は「WordPress Gutenberg」で調べていただければ分かると思いますが、多くの方がGutenbergが使いづらい為それまでのエディターで使える「Classic Editor」を用いていらしいのですね。

特に、JINを使っている場合、Gutenbergが出たばかりの頃は対応しておらずJIN公式としても最初は「Classic Editor」を使うことを推奨されていたようです。

これは、2019年の2,3月頃にはもしかしたら既に解消された話で今は皆さん既にGutenbergで記事を書かれているのかもしれませんが、記事を書かれた日時が不明な記事も多かったり、Gutenbergはダメだ!といった論調の記事ばかりがヒットし続けることもあって、2020年2月当時の私も結局Classic Editorで書くことにしました。

ちなみに、1ヶ月間近くClassic Editorで書いてきましたが、つい先週ほどからGutenbergに戻して書いています!

Classic Editorをオンにして記事を書いていても、WordPress上でそれをオフにすればGutenbergに戻りそれまでの記事に何ら影響が出ることも無かったので

悩んだ方は好きな方でとりあえず書き始めてみるといいと思います!

どっちも経験するとそれぞれの良さも分かってくることもありますので。

吹き出しを使う為にはClassic Editorでないと不可?

最初にGutenbergで記事を書こうとして、吹き出し機能を使おうとしたら、その当時うまくできなかったんですよね。

れお

吹き出し機能というのはこのようにキャラクターアイコンを設定してキャラに喋らせる機能のことです!

それで吹き出しについて色々調べたところ、吹き出しを使う為に「addプラグイン」を利用する必要があるがそれがGutenbergしか使えないから、Classic Editorを使ったほうがいいですよという記事を複数見つけました。

そうするしかないのならそうするか〜とその当時は変えましたが、今やってみたらGutenbergでも吹き出し機能普通に使えました(笑)

下記JIN公式サイトの説明動画URLです。

https://jin-theme.com/manual/wp-content/uploads/2019/11/Gutenberg-fukidashi.mov

Gutenbergが出たばかりの最初は対応していなくて、途中から対応したから今は問題なく使えるという事でしょうか?おそらく最初は吹き出しどころかWordPressの仕様自体も何も理解できていなかったので気づいていなかった可能性もありますね。

リンクカードが表示されない

私がWordPressを使っていて最も苦戦したのがこれでした。

このブログを書いていても、これが解決したのはつい最近なのでそれまでは一度もリンクカードを挿入できずにおりました。

リンクカード というのは下記のように、ブログ記事のアイキャッチ画像とタイトル、概要を載せて記事上で紹介する機能ですね。

本ブログの目指すところ みなさまはじめまして。まず簡単に、私たちの自己紹介をさせて頂きます! このブログでは、私たちが経済的自由を達成するために日々試行錯誤...

さて、これは本来WordPress上では記事のURLを記載すると勝手に公開画面ではリンクカードに変換してくれるはずなので、やり方を調べてもそれ以上あまり出てこないんですよね。

リンクカードが表示されない場合について書かれた記事を片っ端から読んでは試しを繰り返しましたが、丸二日かかっても解決しませんでしたw

(つい最近のYoutubeのVlogの動画でも結局できなかったよと言っております。興味のある方は下記から見て下さいね)

キャッシュクリアをしてもダメ、Pz-LinkCardのプラグインを使うもやはり記事上ではリンクが文字表記になっているだけ。

プラグインを一度オフにするといいと書いてあったので、ベースで使っていたClassic Editor以外の全プラグインをオフにするも、やはり使えず。

使っていたときは、Classic Editorをオフにしたら今までの記事にも影響してしまうと勘違いをしていた為触らなかったClassic Editorでしたが、触らざるを得ないという事で勇気を出してこれも消してみました。

すると、なんと簡単にリンクカードが表示されるではないですかw

まさかこれだけ推奨されてたClassic Editor使っていたせいでリンクカードが表示されていなくなってたとは全く疑っていなかったので気づくのにもかなり時間がかかってしまいました。

ただこれを機にGutenbergに戻ってみたら、旧エディターの上位互換のような感じでとても使いやすい!!

ブロックの概念が最初はよくわからなくて旧エディターの方が書きやすいと思いましたが、少し慣れればこちらの方が圧倒的に(私にとっては)便利だし書きやすいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私がブログを立ち上げたのが1月末だったので大体1ヶ月半ほど毎日投稿していく中で、大分分かる機能が増えてきました。

これから始めたいと思っている方には、WordPressは自信を持って勧められるツールですので、まずは悩んでいる時間があれば始めてみて、その上で試行錯誤を続けていくことをお勧めします!

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です