その他

TOEICスコア推移を大公開!各スコア帯で訪れる「停滞時期」はこうやって乗り越えよう【TOEIC学習法】

こんにちは、レオです。

今日は、私がTOEIC初受験からmaxで955点を取得するまでの得点の推移とその時その時でやっていたことについて紹介していきたいと思います。

最初に得点の大まかな推移を表にまとめたのでみてください。

このような推移でした。注目して頂きたいのが、ちゃんと真面目に勉強して毎回TOEICを受験している期間でも、スコアが伸びない時期が定期的に訪れていたことです。

スコアを伸ばしたい人は、この時期をいかに乗り切るかがとても大切です。

ここでメンタルが折れてしまうとその先のブレイクスルーは絶対に訪れません。ここで私が精神論を語っても仕方はないので、具体的に私がどのようなことが原因でスコアが伸び悩んで、どうやってその状態を脱却したか自分自身の客観的分析をお話しします。

動画でもお話ししていますので、こちらを参考にして下さいね。

初受験時 大学1年冬 595点

初受験の際は、もともと受験英語が得意だったこともありほぼ勉強しないまま受験しました。

結果は、合計595点とボロボロ、単語が全く分からず試験の早さにもついていけませんでした。

2回目の受験 大学2年の春頃 810点

2回目の受験でスコアは大きく上がりました。

この時やったことは非常にシンプルで

  • TOEIC特化の単語帳1冊を時間をかけて3,4周し、通学途中やお風呂の時間などで音声素材を毎日必ず2周以上する
  • 公式問題集1冊を3,4回解き全問を正解するまでの流れ(時間配分、回答根拠の広い方、英文の傾向など)を徹底的に頭に叩き込んだ

このようにやることをシンプルにやり込んだ結果、2回目の受験では見違えるほどリスニングも聞き取れるようになり800点を超えました。

ただ、そこから6回の受験でスコアは750点~820点の間で伸び悩みます。
伸び悩んだ時期にやった勉強法は

  • 書店でTOEIC関連の本を買い漁りひたすら実戦形式で解いていく
  • とにかく数をこなす

 
ぱっと見だとこちらの時の方が勉強している感じはあるかと思うんですが、TOEICという時間制限が厳しいテストでスコアを伸ばすためにはこの学習法では800点前後が限界なのかもなと痛感したのもこの時期でした。

初めて900点を超える 大学3年の夏頃 905点

800点前後で伸び悩んでいたのち、勉強法をガラッと変えてみたところ散々伸び悩んだスコアが、「これを待っていた」と言わんばかりに突然ぐいっと上がり900点を超えるサプライズが起きました。

それが、徹底的に音読メイン、特にリーディング素材の音読メインに切り替えること、でした。

たまに模試の中でリーディング素材にも音声をつけてくれている丁寧な模試もありますよね。なんと、公式問題集のリーディングパートの音声をTOEIC公式HPからダウンロードできることを発見してしまったのです。

そこからは、ひたすら新しい問題を実戦形式で解いていくスタイルから6セットほどの限られた模試だけを、特にリーディングパートを中心にひたすら耳から聞いて音読をする学習法に切り替えました。

最終的にはリーディング素材を聞きすぎて暗唱に近いレベルまで聞き込んでいました。ここまでやり込むと、リスニングをしていない時間ですら、頭の中で学習ができるようになります。TOEIC本試験が始まる前、教材を閉じるよう言われてから開始まで時間がありますがその時間でも頭の中でリーディング素材を音読しながら(このセンテンスこの設問の回答根拠になるんだよなー)などとイメトレしながら万全の状態まで高めて本番を迎えることができるようになります。

そんなこんなで905点を初めてとってからは、900点前後でスコアが推移するようになり880点から910点で4回ほど推移しました。

大学3年の冬頃 955点

900点を超えてからのスコアアップは、「満点に特化した参考書」を使うようになったことで点数が伸びました。

最低でも850点以上取れるようになるまでは絶対に手をつけないようにしましょう。逆効果になりかねません

900点代取得者が間違えている問題は初歩的な問題ではなく一見簡単な、工夫された良難問です。

そういったものに特化をした良質な参考書を使うことで、最高で955点を取ることができました。ちなみにリスニングは満点、リーディングが460点でした。

その後930~955の間で4回ほどスコアが推移しました。リスニングは2回に1回は満点を取れるようになりました。

いかがでしたでしょうか。ここまで、私自身のスコア推移と実際にやったこと、スコアを伸ばしたコツについて各スコア帯ごとにお話ししました。もし参考になれば嬉しいです。

ではでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です